2013年12月9日月曜日

#7 渡る世間は〇〇とやら

時のたつのは早いもので、もう今年も12月ですね。
この寒さで思い出すことがある・・・  30年くらい前のことだったか、
今のセノバの近くで玄関だけリフォームしてほしい、と頼まれました。
そのお宅では 車を置くスペースはなく 仕事をするにも 材木も広げられなくて
仕方なし、道端へ作業台を用意して、柱の鉋がけをしていた。

外はカラっ風がビュービューふいていて とても寒いけど、しゅるしゅるしゅるしゅる~と
調子よく柱を削っていたら、
鉋屑が道路の風下の方へ舞っていってしまった。

しばらく そのj状態で 作業をしていたら 隣のモータース(風上隣)の社長がでてきて

「こら!! こんなところで仕事してっ  鉋屑がまっちまって 近所迷惑だ!!」
と ひどく怒られてしまった。 もうこれじゃあ どうすりゃいいんだ?と
八方ふさがりになってしまい、しばらく困っていたら、

その社長 続いて何っていったかというと、
「みんなに迷惑かかるから 家の駐車場を使え!」
といってくれたのです。

駐車場はまだまだ何十台もとめられそうな広いところ。
その1角に けずり台を置かせてもらい できるだけスペースを広げないように
その日1日 作業をさせてもらいました。


考えてみると、風上隣の モータースの社長さん宅の方へは その、
かんなくずが 舞い込むことはないのに

「みんなに迷惑がかかるから うちの駐車場を・・・・」  と言ってくれた

気持ちの広い人も 世間にはいるもんだな   と 思いながら、
その日1日中 有り難いような 申し訳ないような気持ちで仕事をさせていただきました。

今現在進行中の現場の向いのお宅の人達も、

工事初日に

「ここは 道が狭いから路上駐車しないように!!」と言い。
「あいてる時は私っち駐車場へ置いてくれていいよ!」 と言ってくれたので
お言葉に甘えて、置かせて頂いてます。

人様に迷惑かけないように自分の敷地を使えと言ってくれた人に、
たびたび目かけられながら 長い間 この仕事をやってこれたことが 
とても恵まれていて 有り難いことです。

この話を 橋田壽賀子に聞かせてやりたいくらいだ。

「渡る世間に鬼はなし」 とね・・・・。 


                                     棟梁 杉山睦雄

0 件のコメント:

コメントを投稿